「木」にまつわるちょっといい話

2017.10.19 お家、住み続けるためにかかる費用は?

「つくる家」と「買う家」

「つくる家」・・・住まい手とつくり手で一から始めるこだわりが詰まった家

「買う家」・・・すでにできあがっている家

 

みなさんは、上記のどちらの家に住みたいなぁと思いますか?

どちらも良い面があると思いますが、「つくる家」の方がおススメ。

例えば、家を買った、家を建てた後にかかる

メンテナンスコストの違いを考えてみます。

 

「つくる家」・・・約600万円(60年間)

「買う家」・・・約1,450万円(60年間)

 

初期の建設コストは、新建材を多く使っているであろう「買う家」の方が安いです。

しかし、60年間でかかるメンテナンス費用は、「つくる家」の方がかかりません。

その違いは約1,000万円!!!

 

「つくる家」は高いから無理だなぁ、と言う方も多いですが、

長い目で見ると、どちらも変わらない(もしかしたら「つくる家」の方が安い?)

かもしれませんよ。

お家は一生で一度の大きなお買い物です。

じっくり悩んで、いっぱい時間をかけて、ステキなお買い物にしてほしいと思います。

 

※もし「買う家」を選ぶのであれば、工務店のつくる良質な規格住宅がおススメです。

これについては、また次回(*’ω’*)