m点

2015.02.21 M様邸!

こんにちは!(^^)!

2月もあと1週間で終わってしまいますが、

寒さに負けずに頑張りましょ~!

 

さてさて、今日もM様邸増築工事の報告です。

先日は、ストーブの煙突や屋根の話でしたので、

今回は足元“床”の話をしたいと思います。

M様邸では、床の捨張り (仕上げ床材の下に貼る、下地床材)

を、杉の芯材 15mm の板を加工して使用しました。

施主様が、仕上げ材と勘違いしてしまうほど、

綺麗な仕上がりで贅沢な使い方です。

 

捨張りに合板を使用するメーカーさんなどもいらっしゃいますが、

せっかく無垢の仕上げ材にするならば、

捨張りにも (下地材にも) 無垢材を使いたいですよね。

この使い方は、自社で製材業も行っているからこそできる

のではないかな~と思います。

(無垢の材料を使うときには

床鳴り (木材が動いて鳴くんですよ!)がするので

十分に乾燥をおこなった材料を使います。)

 

日光産杉の捨張りとフロア材、みなさんもいかがでしょうか。

捨張り

 

2015.02.18 M様邸

こんにちは(^^)

雪が降っていて、寒い1日です。

通勤や通学には気を付けて下さいね。

本日は、M様邸の施工状況の報告!

あったかいんだから~でお馴染みの(笑)

薪ストーブの煙突の取り付け工事を行いました。

屋根に穴をあけるものなので、雨漏りなどの対策には十二分に気を使います。

M様邸は軒先に近い位置に煙突があるため、

屋根の上を流れ落ち、煙突にぶつかる雨の量が、

棟付近にある煙突よりも多くなります。

大工さん、板金屋さん(屋根屋さん)共々、

細心の注意を払って施工して下さっています。

煙突1煙突2

 

 

 

 

 

 

 

2週間も前の話ですが...

2月3日の節分の日に、かわいらしいお菓子を頂きました~!(^^)!

食べるのがもったい~と思いましたが、

ありがたく、おいしく頂きました(^^)

赤鬼

2015.02.13 思い出の木

風が冷たく吹く日が続きますね~!

そして明日はバレンタインデー(*^^)

チョコレートもいいけど、木材の小物を渡してみても素敵だと思いませんか?

例えば...お箸置き、ペン立て、WOODブローチや写真立て。

来月のホワイトデーにいかがですか(^^)?

 

さて、先日、思い出の丸太を家具等に加工してもらえないかな

というお客様がいらっしゃいました。

お父様が育てた木を、家の中で使えるものにして欲しいとのことでした。

お客様と打ち合わせをし、敷き台、踏み台、イス、ペン立て、お箸置きを作らせて頂きました。

思い出の丸太(写真左)から、このような家具材になりました!

丸太加工後

 

 

 

 

 

 

 

お客様の喜んだ顔を見ると、こちらまで嬉しくなり、

また、改めて物づくりってすごいな~と思います。

世界に一つだけのもの(*^_^*)

 

加工の1つにお箸置きを作らせて頂きましたが、

弊社のオリジナル木材である杉光(さんこう)でも作ってみました。

一般的な杉と比較すると、杉光の方が存在感があるように感じます。

木目ははっきりとしており、高級なお箸置きのように思います(私だけかな)。

白木と杉光のお箸置き、どちらがお好みでしょうか?

白木杉光白木と杉光

2015.02.10 木の家に賢く住む。2

先日の“木の家に賢く住む。1”の続きです。

 

皆さんは、広葉樹と針葉樹という言葉は聞いたことがありますか?

広葉樹とは、ナラやケヤキなどを指し、硬いので硬木と呼ばれ、

針葉樹とは、スギやヒノキなどで、軟木と呼ばれています。

さて、素足で歩いた時、あたたかく気持ちいいのは広葉樹と針葉樹のどちらだと思いますか?

...正解は、軟木と呼ばれる針葉樹です。

(スギのような比重の軽い木ほど、細胞が大きく含まれている空気の量が多いため。)

木材に触れたときに“ひやっ”としないのは、木材が私たちの手足の熱を奪わないでいてくれるからです。

また、木材は滑りにくいので小さな子供さんやお年寄りの方にも安心です。

木材は軟らかいため、傷つきやすいことがデメリットと言えます。

イスを使う部屋で傷がつくことを心配する方は、

針葉樹のなかでも硬めのヒノキやカラマツをお薦めします。

杉光フロア

 

 

 

(杉光フロア)