m点

2015.01.29 木の家に賢く住む。1

最近、様々な場所で木材を用いた建物を見かけるようになりました。

一般住宅では、壁や天井一面に杉の羽目板や、床(フローリング)にも無垢の木材が用いられてきています。

また、公共建築(学校等)でも木材がふんだんに使われ始め、様々なところで木質化が注目されています。

この様に木材が多く使われてきているなかで、木のことについてきちんと理解していた方が、より長く・楽しく使うことができるのではないかと思います(^^)

 

そこで、今回のブログのテーマは、タイトル通り“木の家に賢く住む 1”。

皆さんもご存じの通り、日本は湿気が多く、特に、夏は高温多湿であり、日の当らない北側は多湿状態になりがちです。

接着剤で固められた合板は木質材料といっても、調湿性はほぼ期待できず、湿気の多い日本では家の材料としては適しているとあまり言えません。

それに対して、無垢の木であれば、12~15mmの厚さでも結露しにくくなっています。

無垢の木材を使う意味には、優れた調湿性能にもあると言えますね(*^^)

木質系の材料は使わざるを得ない場合も多々あると思いますが、できるだけ無垢の木を使って結露対策をしたいですね。

(写真はY様邸 和室上部)

Y様邸 和室

 

 

 

2015.01.26 M様邸建て方

こんばんは!

曇り空からたまに顔を出す太陽で、暖かい1日だったように思います!

そんな今日は、M様邸増築工事の建て方でした(^^)

大工さん、クレーン屋さん、お疲れさまでした。

明日からもよろしくお願いします!

 

建て方1建て方2建て方3

 

2015.01.26 O様邸

こんばんは~!

皆さん、風邪などは引いてないでしょうか?

まだまだ寒い日が続きますので、気を付けたいですね。

 

本日は、O様邸の棚を紹介します(^^)

杉光WAVES と 集成材 で作られた棚です!

ででんっ!

棚 棚2

 

 

 

 

 

 

 

 

先日も、木のちょっといい話で 無垢材と集成材 の

記事を書かせてもらいましたが、

O様邸の棚も、集成材と杉光WAVESで作られています(^u^)

杉光WAVESに光があたると、また違った雰囲気になって

おもしろいですね~!

 

個人的に...

杉光WAVES、もっと多くの方に

触れてもらう機会があればいいな~と思います。

見ても触っても面白い木材なんて、

なかなか見つからないと思いませんか?

2015.01.20 無垢材と集成材

こんにちは(^^)

皆さん、無垢材・集成材という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

無垢材とは、簡単に言うと、伐採した木・木そのもの のことを言います。

木材のもつ元々の風合いを味わうことができ、

安心・安全(化学物質を含まない)であることがメリットです。

1000年以上の歴史を持つ法隆寺等の歴史的建築物には、無垢材が用いられています。

しかし、乾燥を十分に行わないと曲がりや反りの原因になってしまいます(デメリット)。

一方、集成材とは様々な木を寄せ集め、接着剤で貼りあわせたもの(大分、ざっくりな言い方ですが(゜-゜))

メリットとしては、切った木を余すことなく使うことができ、木のねじれや反りが少ない(寸法の安定)が挙げられます。

無垢材では難しい大きな断面や長いもの、湾曲したもの等、自由な大きさ・形状を得ることができます。

デメリットは、接着剤を使っているため、シックハウスの心配が挙げられます。

(現在の接着剤は、健康や環境に配慮したものも多く扱われてきています。)

脱衣所

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は増築工事を始めるM様邸の脱衣所に設置した棚になります。

こちらの棚は、正面から見ると無垢材のみで作られたように見えますが、

写真からも分かるように集成材も使っています。

使いたい幅や長さによって、無垢材と集成材を組み合わせることも1つの方法なんですね。

 

先述したように、無垢材と集成材、どちらにも良い面と悪い面があります。

実際に家を造るとき、家具等の雑貨品を買うとき少し考えてみるとおもしろいです!

“自分には、どの材料が合っているのか”

“どの材料を使いたいのか”  などなど(^^)

 

このような記事を書いてみると、木材の使い方って無限にあるなぁ~と感じます。

何か良い使い方がありましたら、教えて下さいね(^u^)

 

2015.01.09 2015年

遅くなってしまいましたが…

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

去年よりもパワーアップした㈱ヤギサワでいきたいと思います!

 

木材のことや住宅のこと

お気軽にお問い合わせください。

暖かい薪ストーブとお待ちしております。

皮むき